注文住宅はなぜ人気なのか?注文住宅のことを初心者向けにわかりやすく解説

こちらのサイトは、新築一戸建ての中でも最も人気を集めている注文住宅について初心者に分かりやすく解説しています。
素朴な疑問としてなぜ人気があるのか、これは自由な間取りやデザインの家を建てることができるなどの理由があるわけですが、時代に左右されないデザインに人気があることなども理由の一つに数えることができます。
雪国などでは冬場の寒さを軽減してくれる床暖房設備などにも触れているので参考にされることをおすすめします。

注文住宅はなぜ人気なのか?注文住宅のことを初心者向けにわかりやすく解説

注文住宅は、分譲住宅や建売住宅と比べると価格が高いのになぜ人気があるのか疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。
ここでは、その理由について解説するとともに注文住宅の家を建てるときに役立つ知識を数多くご紹介しています。
注文住宅は、土地を決めることで家の設計ができるようになるなど、最初に土地を探すことが先決ですが家を建てる場所を探しながら施工会社を見つけることもできますし、工務店などの場合は地元の不動会社と提携を結んでいることもあります。

注文住宅は間取りを自由に決められるので子供が多くても安心

注文住宅の楽しみの1つは、間取りを自分で決められることです。
大変ではあるのですが、設計士の人と話して好みのデザインにできるのはとても楽しみなことといえます。
子供が多い場合でも、部屋を増やして機能性を上げることが可能です。
土地が狭くても設計士の人が工夫をしてくれたりするので、寝室を広く取ったりといくらでも予定を立てられるのが魅力といえるでしょう。
注文住宅を契約する場合、例えば吹き抜けを作る、トイレをこの場所にするなど作っていきます。
トイレに2個あると、子供が多くてもトイレで渋滞することがないので魅力といえるのです。
例えば3兄弟や4兄弟だったとしても、4LDKの家に住むと一人1部屋分けることができるのが魅力といえます。
大人になっても家にいた場合でも、2階に部屋があればずっと住んでいることもできるのです。
間取りを最初に多めに取っておくと、後で対応が可能で魅力といえます。
部屋が少なくても良くなったら、最悪壁をとって広くすることも可能です。

注文住宅は完成するまでに時間がかかる?

注文住宅では分譲住宅と異なり、購入から入居まで時間がかかります。
土地の買い付けから住宅のデザインまで参加できるのは魅力ですが、経費と時間がかかることは覚悟しておくべきです。
その分、注文住宅で自分のイメージ通りの家が建った時のうれしさは大きいです。
失敗しないためには事前に住宅デザイナーとよく話し合い、どのような間取りにするかを決めます。
家族に高齢者がいるなら、和風の間取りも人気です。
最近はこだわりのあるオーガニックハウスの需要も増えています。
断熱素材や耐震性など、どの程度お金をかけられるか住宅メーカーに伝えておくことが重要です。
出来上がるまでは仮住まいに引っ越す必要もあります。
信頼できるハウスメーカーなら、完成までに住むところも手配してくれるので安心です。
ただし注文住宅の予算を立てる際、仮住まいの費用も考えるようにします。
出来上がりまでの日数は、物件の大きさにもよりますが14か月から15か月程度です。
早くても1年程度はかかると考えおくと良いです。

注文住宅の設備をなんとなく決めてしまうのは絶対にやめるべき

注文住宅は設備や間取りなどの自由度が高い点がメリットです。
そのぶんだけ建売住宅や規格住宅によりも高価になるわけですから、設備をなんとなくで決めてしまうのはもったいないです。
慎重に選んでほしいものはさまざまありますが、具体的にはまず窓にこだわってほしいです。
現在の窓は高機能化が進んでおり、さまざまな機能を期待することができます。
断熱性能の高い複層ガラスや樹脂窓、衝撃に強い強化ガラス、紫外線をカットするガラスなどがあります。
採り入れることで生活の質が向上しますから、予算と相談しながら必要なものを選ぶのが賢明です。
入浴時間を大切にする人にとっては、お風呂も大切でしょう。
注文住宅ならまず高性能なものも多いユニットバスを導入するか、オーダーメイドで作ってもらうかの選択です。
将来のリフォームも想定して、前者を選ぶ人が多いようです。
ユニットバスにはカビが発生しにくい素材や、水が溜まりづらい床があります。
浴槽も洗いやすいものがあり、入浴が快適で掃除が楽なものが増えています。

土地にお金をかけすぎると注文住宅の予算がなくなる

高級住宅街の宅地は魅力的ですが、価格が高いので住宅建築費まで使ってしまう可能性もあります。
したがって注文住宅を建築する場合には、土地購入費も含めて慎重に資金計画を立てるべきです。
宅地購入費と住宅建築費のバランスを考えることで、理想的なマイホームを実現できるようになります。
地域によって宅地の費用と建築費の比率は異なりますが、総額の半分以上を宅地購入に使うのは避けるべきです。
土地の値段がリーズナブルな地域であれば、十分な資金を注文住宅の建築で使うことが可能です。
潤沢な予算を建築で使える場合には、広いリビングルームやビルトインガレージ付きの住まいも建築可能になります。
更に建物にお金をかけると、耐震性に優れたマイホームを建築できます。
確かに坪単価が高い注文住宅の建築は負担になりますが、重厚な建物であれば安心して暮らせます。
一方で狭小地の活用で宅地購入費を減らし、低予算で質の高い住まいを実現する方法もあります。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅のススメ!

こちらのサイトは、新築一戸建ての中でも最も人気を集めている注文住宅について初心者に分かりやすく解説しています。
素朴な疑問としてなぜ人気があるのか、これは自由な間取りやデザインの家を建てることができるなどの理由があるわけですが、時代に左右されないデザインに人気があることなども理由の一つに数えることができます。
雪国などでは冬場の寒さを軽減してくれる床暖房設備などにも触れているので参考にされることをおすすめします。

Search